クリニック開業専門の業者から提案をうけましょう。

町の不動産屋さんを訪ねて探そうとすると、医院に最適と書かれたいった物件も沢山でてきます。

しかし、それは本当に医院に最適というわけではなく、単に物件のオーナーがクリニックを誘致したいというだけのものであることが多くあります。ですから、専門家が場所を聞いただけで、全く開業地としてはダメというものが大半です。

もちろん、そのような場合には診療圏調査は行われていませんので、本当に患者がきてくれるかどうかは、開業してみないとわからない状態です。

医療モールは集客力がある?

商業施設内に医療ゾーンを作り、複数の診療科を誘致して医療モールとしているケースが増えていますが、本当に集客力があるかどうかは慎重に判断することが必要です。

商業施設としては1日あたりすごい集客力をもっていたとしても、診療科によっては、それがそのまま患者の集客力につながるとは限りません。

こうした医療モールは、テナント料が高く設定されているため、その賃料に見合うだけの価値があるのかどうかを検討する必要があります。

調剤薬局の存在

近年の新規の開業クリニックは、ほとんどが院外処方です。ですから、開業する場所から調剤薬局まで遠い場合は、患者の利便性を考えると不利に働きます。

近くにクリニックが何件か立ち並び、患者数が見込めるようであれば、新たに調剤薬局の出店が期待できます。

このページトップへ